HOME >> 写真コンクール >> 平成28年受賞作品

写真コンクール「平成28年受賞作品」

平成28年 幸手観光写真コンクールの受賞作品が決定しました。

 

「講評」

本年もたくさんのご応募ありがとうございます。

今年は市制施行30周年で桜祭り期間中花火が打ち上げられました。花火の撮影は難しいものですが、力作が数点見受けられました。

皆様の作品を拝見いたしますと努力のあとがうかがわれ、選考するにあたり毎度ながら頭の下がる思いです。

これからもより良い作品作りに精進されるようご期待申し上げます。

 

■ 最優秀賞

「燃ゆる堤」
小倉 登代子さん

審査員より
露出を切り詰め彼岸花を見事な色調で再現しています。樹木の配置、空の入れ方等落ち着きある構図です。背景の人物の扱いもよく賑わいも感じられます。

■優秀賞

「アナベル咲く堤」
小倉 一夫さん

審査員より
梅雨の中晴れの中、素晴らしい雲とともに適切な構図で捉えています。花の色調、雲の調子ともによく、花の最盛期の艶やかさが感じられます。

■優秀賞

「春の夜を彩る」
中根 英治さん

審査員より
菜の花畑に花火を入れ見事なフレーミングで構成されています。菜の花、花火ともに色調よく完成度の高い作品です。

■優秀賞

「さくら桜の権現堂」
富岡 正孝さん

審査員より
満開の桜堤を大胆な構図で色調よく仕上げられてます。難しい構図ですが、人物の配置がよく、ストーリー性のある作品になっています。

 

■佳作

 

「初夏の招き」
中村 靖男さん

「カラフルな堤」
川口 忠男さん

「朝霧に咲く彼岸花」
大塚 勇太さん

「花にさそわれて」
玉田 政夫さん

「紅白競演」
左官 龍夫さん

写真コンクールトップへ このページの先頭へ