初山

幸手に古くから伝わる「初山」

浅間神社は、富士山信仰を神社におきかえたもので、江戸時代に幸手宿一の豪商であった呉服商長島屋が建立したといわれています。

その浅間神社で毎年6月30日と7月1日の両日に行われるのが、初山。

赤ちゃんが「初めて山に登る」ことから、その名前が付けられたといわれるこの行事では、その年に生まれた赤ちゃんのおでこに赤い神社印(前述した富士山信仰にちなんで富士山が彫り込まれている。)を押して、その健やかな成長を祈ります。

また、お参りした赤ちゃんには、節のない真っ直ぐな人に育つようにとネギ、家庭円満・内輪もめのないようにと団扇、そして登山の際に喉をうるおすためのタンキリアメが授けられます。

毎年、北2丁目の浅間神社では、子(孫)の健やかな成長を願う、多くの家族連れでにぎわいます。なお、両日の午後6時から9時の間、神社前の道路を歩行者天国として開放します。

 


2016年「初山」の詳細

日時 2016年6月30日 木曜日、 7月1日金曜日
午前9時〜午後9時
ところ 浅間神社(北2丁目)
浅間神社の案内図
 
駐車場の数には限りがあります。空きのない時には、市役所駐車場をご利用下さい。(市役所から徒歩5分)
なお、午後6時から午後9時まで、神社前道路には車は入れません。

 

 

イベントトップへ このページの先頭へ